白いソファとテーブルがある部屋

滞在期間がハッキリしない場合は柔軟に使えるマンスリーマンション

観葉植物

普段は別の土地で生活していても、仕事の関係で中長期にわたって東京暮らしをする人は珍しくありません。職種や滞在目的如何によって、東京にどの程度の期間いなければならないか事前に確定できない場合もあるでしょう。そんな時に活用したい東京でのステイ先が、マンスリーマンションです。
最初から年単位で東京で暮らすことが分かっている場合は、一般の賃貸マンションというオプションもあります。しかし、こんな場合でも、マンスリーマンションという選択肢は依然として有効と言えます。数年東京で生活するにしても、仮住まいに過ぎない賃貸マンションのために、入居時に敷金や礼金、更に、2年を超過する場合は、契約更新料まで払わなければなりません。マンスリーマンションも同じく仮住まいでありながら、月々の家賃以外のこうした追加費用を負担せずに済みます。
滞在期間がハッキリしない場合、マンスリーマンションの契約期間は仮の期間ということになるので、状況により、これが短縮されたり長くなる場合もあるでしょう。そんな場合は、初回契約時に不動産業者へ相談して、契約期間変更の手続きについて詳しい話をきいておきましょう。そうすることで、実際に変更が発生した際、スムーズに手続きを済ませることができるでしょう。

おすすめ記事

海外ゲストにマンスリーマンションで東京暮らしを堪能してもらおう

綺麗な室内

技術研修や文化交流が目的で、海外からゲストを招く団体や会社は数多く存在します。海外からのゲストが東京に滞在する場合、数日程度ならゴージャスなホ…

詳しく見る

物件探しの過程で利用したい便利なマンスリーマンション

キッチン

仕事や子どもの教育の都合上、終の棲家は東京でと考えている人は沢山いるでしょう。しかし、東京で家を持つと一口に言っても、どのエリア、どの路線沿線…

詳しく見る

住宅コスト抑制に活用したいマンスリーマンション

クローゼット

転職活動が成功して東京で暮らすことになったら、仕事が決まったこと自体は喜ばしいことでしょう。その反面、今後長期に渡って東京標準の家賃を払い続け…

詳しく見る

滞在期間がハッキリしない場合は柔軟に使えるマンスリーマンション

観葉植物

普段は別の土地で生活していても、仕事の関係で中長期にわたって東京暮らしをする人は珍しくありません。職種や滞在目的如何によって、東京にどの程度の…

詳しく見る